勉強

フードコーディネーターを取れば専門職に就ける

  1. ホーム
  2. コーヒーのプロ

コーヒーのプロ

レディ

目的に合ったコースを

バリスタは、イタリア発祥の職業で、コーヒーのプロフェッショナルのことを言います。バリスタになるためには、様々な方法があります。働きながら学ぶこともできますし、スクールに通う方法もあります。国家資格はありませんが、バリスタとして働くに当たって取得しておくと有利になる資格はあります。独学で勉強するのが難しいと感じる場合は、スクールに入学するのも一つの方法です。バリスタコースを設けているスクールはたくさんあるので、よく調べてから選ぶことが重要です。中には経営に力を入れているコースなどもあるので、自分の目的をしっかり持って選びましょう。

取得で信頼と自信を

資格がなくても働くことができるバリスタですが、やはり取得していて損はありません。資格を取得するには、専門的なバリスタの勉強をたくさんしなければなりません。その勉強で得た知識や技術は、自分の実力を底上げしてくれるもので、実際にバリスタとして働く際にとても役に立ちます。また、カフェに就職する際や、自分でお店を開く際にも、資格があることで信頼を得ることができます。そして何より自分の自信につながるのです。たくさんの学んだ知識や時間は、悩んだ時やつまづいた時に、力を貸してくれます。正しい知識や確実な技術に裏打ちされた自信があれば、困難にも打ち勝つことができますし、生き生きと働くことができます。このように日本でも活躍が期待されているバリスタは、とてもやりがいのある仕事です。