婦人

フードコーディネーターを取れば専門職に就ける

食のスペシャリスト

料理

講師の人柄

今食のスペシャリストと言われている「フードコーディネーター」が話題になっている。なるためには、大学で食品関連の学科を専攻する方法もあるが、専門学校に通えば食をより深く学べる。資格は特に必要ないと言われているが、持っていたほうが就職する際だんぜん有利になる。資格を取得する方法は、教材を購入して独学で学ぶ方法もあるが、専門学校で学んでさまざまな分野に強くなれば卒業したあと活躍の場が広がる。フードコーディネーターの専門学校の費用はだいたい200万円で、それ以外に教材や器具、材料費がかかる。才能は学校の相性次第でぐんぐん伸びていくので、講師の人柄やどんな教育がおこなわれているか、説明は分かりやすく丁寧か確認しておくべきだ。

復帰しやすい

「フードコーディネーター」は食べることが好き、食に興味がある人に最適な仕事である。給料は300万円から1000万円と幅広く、テレビや雑誌で活躍しているくらい売れっ子になれば、高収入も夢ではない。ただ、雑誌やテレビに出て食のアドバイスをする仕事はほんの一握りで、お料理教室を開いて教師になることや、企業に入ってメニューの開発をする仕事がほとんどだ。また、アシスタントから活躍の場を広げていく人も多い。フードコーディネーターの仕事は、結婚や出産、介護休暇など1度職場を離れたあとに復帰しやすいのも良いところである。例えば結婚して企業を退職したあとにお料理教室を開いたり、アシスタントとして働いて収入を得ることもできる。